損切りを抑えてFXで勝つ

私は思うのですが、損切りが上手い人がFXで勝つことができるのではないでしょうか。
何がなんでも損が出たら損切りをしろと言っているのではありません。
焦って損切りするのではなく、損切りにも理由が必要なのです。
理由もなく焦燥感にかられて損切りをしたならそれは悪い損切りです。
次への布石となるような損切りならそれは良い損切りでしょう。
良い損切りを増やし、悪い損切りを減らすことがFXで勝つための近道なのではないでしょうか。
FXで100%勝つというようなことはできません。
損失の額を利益が上回れば、その人はFXのトレードで勝っているのです。
利小損大ではなく利大損小を目指すことがFXで勝つ方法です。
損が大きければトタールで損になります。
損と利益が同じくらいならトントンで何もしない方が良い状態です。
利大損小のトレードを続けることができれば、自然と利益が増えていくことになります。
これをFXでは勝っている状態だというのです。
それではFX運用で利大損小になるにはどうしたらいいのでしょう。
まず良い損切りができるようになることです。
そしてFXの勝つ流儀を身につけ利益を出すことです。
先に損切りにも理由が必要だと書きましたが、その前にポジションを取るにも理由が必要です。
それは自分自身のルールといってもいいでしょう。
そのルールに則っていれば、損切りを最小限に抑えることは可能です。
利益を出していてたまに損切りをするのならいいのですが、ちゃんとした損切りを覚えないと利益を出すこともままなりません。
損切りをするのは気が滅入るものですが、それをマスターしなければ前に進めないのです。
ポジションを持つ時に、損切りをするポイントを決めておきそのルールに従うのです。
最初は気が滅入りますがだんだん慣れてきます。
そして目指すは利大損小です。
運用ルールは簡単であればあるほど実践しやすいものです。
最初はあれこれ考えてしまうものですが、正当な勉強をしていれば自分にあったルールが見えてきます。
それを見つけて淡々とトレードをするのが、もっともFXで勝つ道に近いのではないかと思います。