システムトレードでFXの税金対策

もうすぐ確定申告時期です。
FXで一定以上の利益を出しているのなら、または損失を出している時こそ確定申告が必要です。
ところで、FXで利益を出している方は、どのような税金対策をしているのでしょうか。
FXは自分の頭とパソコンとインターネット環境があればできてしまいます。
そのため経費の計上が難しいと言われています。
税法の改正で店頭FXだけ一方的に不利な状態はなくなりましたが、それでも先物や株などに比べてFXは不遇な扱いをされています。
少しでも節税をしたいと思うのは当然なのではないでしょうか。
FXには、それで節税ができるのかという方法もあります。
その一つがシステムトレードを活用するという方法です。
最近は多くのFX業者でシステムトレードを提供し始めていますが、このシステムトレードは有料のことが多く、その料金を経費とすることができるので税金対策になるんです。
いまは裁量トレードをしているという方も、システムトレードに興味がある方は多いのではないでしょうか。
裁量トレードとは、自分が経済情勢やチャートを分析してトレードをする方法です。
システムトレードとは、過去のデータを利用し利益を出せるシステムを組み立て、その通りにトレードしていくトレード方法です。
システムトレードにも優秀なものもあれば、そうでないものもあります。
だいたい優秀なシステムトレードは高額なことが多いので、それが経費として経常できれば大きな節税になります。
FXで勝つことができ税金対策にもなって一石二鳥です。